モバイルビジネス法務・知財講座2019

第4回「ゲームビジネスにおける景品表示法の実務の基礎と最新動向 」-eSportsビジネスにおける法規制の全体像も踏まえて-

●「ゲームビジネスにおける景品表示法の実務の基礎と最新動向  -eSportsビジネスにおける法規制の全体像も踏まえて-」

消費者庁は、平成29年にゲーム企業3社に対して景品表示法違反を理由とした行政処分をし、打消し表示についても厳しく取締まり始めるなどゲームビジネスを巡る表示の環境が厳しくなっています。
また、ガチャの企画・ユーザ囲い込みのためのキャンペーン企画には景品規制の正確な理解はもちろん、資金決済法の知識が必須となるなど複雑化しています。そして、世界的に勃興しているeSportsビジネスは、eSportsイベント類型ごとに問題となる法規制(景品規制・賭博・風営法等)や実務上の注意点も異なります。そこで、消費者保護規制とゲームビジネスに精通した消費者庁出身の弁護士が、ゲームビジネスを巡る景品表示法を中心とした実務の基礎と最新動向を徹底解説します。

詳しくはこちらをご覧ください。

開催概要

開催日時 2019年7月10日(水)14:00~17:00
開催場所 ㈱マイネット (Mynet Inc.) 会議室 ACCESS MAP
登壇者
  • 染谷隆明
主催

一般社団法人モバイル・コンテンツ・フォーラム

取り扱い分野
サービス

Back to Seminar Archive